トキワ荘を訪ねて - 松葉のラーメン
長年、いやここ数年、さび中(*注1)で一人瓶ビールを飲みながら上司の悪態をついていたのもこの日の為だったと言っても過言ではない。いや、過言だ。

松葉ー漫画家を目指す者にとって避けて通ることはできない遥かなるオーガスタ。
まんが道」や「愛…しりそめし頃に…」等々でたびたび出てくるトキワ荘のメンズが愛したさび中。

本日ついにその聖地とも言える松葉へ行く事に。
大江戸線・落合南長崎駅下車し、南長崎ニコニコ商店街へ。
ハッ!本物発見!
トキワ荘 松葉 ラーメン まんが道
この日の為にさび中で「ンマズ〜イ!」と言い続けてきたといっても過言ではない。
それでは・・・
トキワ荘 松葉 ラーメン まんが道
「ンマ〜イ!」
まんが道 藤子不二雄A
(↓お客さんが自由に書き込めるメッセージノート)
松葉 トキワ荘 ラーメン 

気がついたら僕の目には涙がこぼれていた。
ここ最近の鬱々とした晴れない心。
正直、自分が何をやればいいのか見失っていた。
そして、はっきりと分かった。
アコギがどうとかプルコギがどうとかそういうことじゃあない。
僕は漫画家になりたかったのだ。

先生・・・俺、漫画が書きたいです―

(*注1)さびれた中華料理屋のこと。またはその様。
| さびれ中華・純情編 |
Holger Czukay - Canaxis
昼ゴハン食べた店のトイレに貼ってたポスターに小さく書いてた文。

「旅は人を鍛えるが、船旅は人を変える。」

何のポスターかは、分かりません。
さび中
夕食はさび中(*1)
「亭宝」。
店の老夫婦がTVのバカ殿見て笑ってました。
何だか少し平和な気持ちになりました。
さびれ具合の割に値段が少し高かったけど。

Today's BGM
カナクシス(紙ジャケット仕様)
Canaxis (1969)
Holger Czukay

(*1)さびれた中華料理屋のこと。またはその様。
| さびれ中華・純情編 |
豊華飯店
今住んでいる所の近所、お店が少ないのが難点なんですが、その数少ない一つのさび中。
不幸中の幸いじゃないですが、ここの炒飯がうまいんです。でじま。
豊華飯店 戸山団地 若松河田 東新宿
僕はよく餃子のことを口にしてるので、インタビューではよく餃子がクローズアップされがちなんですが、年間消費量で言ったら炒飯は倍以上でしょう。
昔から焼飯とかピラフの類いは好きでした。
今でも昼飯は炒飯率は高いです。
なのでさび中へ行ったらまず炒飯を食べてその店を判断するのですが、ここの炒飯今まで食べた炒飯の中で一番かもしれません。
そして、近くに住んでるか近くで働いてるかじゃないとまず来ないであろう立地もいい。

あと、最近プチ焼売ブーム来てます。
| さびれ中華・純情編 |
郊外のさび中で
郊外のさび中(*1)で。
餃子も手作り(おふくろ)感満載の味で、なかなか良いさび中でした。
お店だとそういういぶし銀的な餃子ってあまり出会わないですしね。
餃子 煉瓦亭

(*1)さびれた中華料理屋のこと。またはその様。
| さびれ中華・純情編 |
さびれ中華・純情編
夜は麺厨房
たまに来ます。
たまにムショーに食べたくなります。
目黒 麺厨房
ここで月に一度くらい瓶ビールにラーメン&半チャーハン食べてやさぐれるのが定番です。
| さびれ中華・純情編 |
081021
門前仲町 餃子 ランチ 定食
さび中(*1)で「生姜焼き・ライス」頼んだら、ミニラーメンも付いてきました。
「スープでかいな」と思ったら。


(*1)さびれた中華料理屋のこと。またはその様。
| さびれ中華・純情編 |
080710
麻婆豆腐 目黒 中華 山王ラーメン
夜は「山王ラーメン」で麻婆豆腐定食。
ここはタマーーに行くんですが、ラーメンは一度も食べたことありません。
| さびれ中華・純情編 |
Erica Pomerance - You Used to Think
昼食は上野、珍々軒でチャーハン。
珍々軒 上野 中華 ラーメン 餃子
トイレを見ればその家が分かるとかナンタラ言いますが、僕はチャーハン食べればその店のトイレが分かります。
あとはスープ飲めば、言いたいこと、大体分かります。

Today's BGM
You Used to Think
You Used to Think(1968)
Erica Pomerance

| さびれ中華・純情編 |
担々麺
目黒通り 目黒 居酒屋 焼き鳥 ホッピー
今日はこの間さび中(*1)で酷評されていた担々麺。
目黒通り 目黒 居酒屋 ラーメン 黒胡麻担々麺


(*1)さびれた中華料理屋。またはその様。
| さびれ中華・純情編 |
Juju - A Message From Mozambique
夜はさび中(*1)で餃子定食。
目黒 餃子 ギョーザ ラーメン 中華
店内はカウンターのみ、50代半ばくらいのおじさんとおばさんがやってました。
カタコトの日本語で会話してて、話題は途中から、近所の担々麺屋に行ったけどマズいという話になってました。
ずうーーと二人して「アソコはマズい、アソコはマズい」言ってました。
オヤジに至っては、もう料理を作る事を放棄して、椅子に座り頭を抱えて「アレはマズい、
アレはヒドい」と嘆いていました。

ちなみに僕はそこの担々麺好きです。


Today's BGM
ア・メッセージ・フロム・モザンビーク ONENESS OF JUJU strata-east black jazz レアグルーヴ
A Message From Mozambique(1973)
Juju

(*1)さびれた中華料理屋のこと。またはその様。
| さびれ中華・純情編 |